子育てイングリッシュ!①声掛け編♪教えてJoy先生!英語Q&Aコーナー♪ Vol.8

(左:9ヶ月の息子Jett 右:Joy)

Hello! How are you doing today?

スマホ留学サポート講師・セラピストのJoyです(^^)

(セラピー(Therapy)って?)

 

スマホ留学では老若男女問わず、色々な方が学習してくださっているのですが、

子育てに奮闘されている世代の方々も、お忙しい中、意欲的に学習してくださっています♫

(全国のお父さん・お母さん、お疲れ様です!!!!)

 

今回は、こんなご質問をご紹介(^^)

最近赤ちゃんが生まれたのですが、将来は英語を話せるようになってほしいです。でも夫も私も英語を話せません。どうやって英語に触れさせればいいのでしょうか? (仮名:鈴木様)

2歳の娘がいますが、英語の歌が好きなようでいつも聞かせています。ただ、父親であるわたしは全く英語を使っていないです。これでも娘の英語力は養われるでしょうか?(仮名:森田様)

 

 

 

 

 

 

 

わたくしには9ヶ月になる息子がおりまして

現在「トライリンガル育児」を心がけています(^^) (日本語・英語・ポルトガル語の3言語)

 

これから数回にわたり、

わたくしが実際に日々実施していること、

使っているフレーズ、

普段の生活の中でお子様が英語に触れる方法をご紹介していきますね(^O^)/

※このシリーズでご紹介する方法は、特に0歳〜5歳(小学校入学前)のお子様に効果的です※

 

※英文をクリックしていただくと、

 Google翻訳サイトに移動し、

 一度目のクリックではナチュラルスピード・

 二度目のクリックではゆっくりと

 発音を聞くことができます。

 (Google翻訳サイト内の、英文下に表示された「スピーカーマーク」をクリック!)

 

 何度も聞いていただき、恥ずかしがらずに、

 聞いたままを発音するようにしてみてください♫

 

 

①ちょっとした声掛けを英語で言ってみよう

 

挨拶

Good morning! / Morning!

おはよう!

 

カジュアルな表現として、Goodを入れないMorningもよく使われます。

Good night!

おやすみ!

 

 

Sleep well! / Sweet dreams!

おやすみ! / いい夢を見てね! 

 

行動

 

Let’s 〇〇(動詞)!

〇〇しよう!

 

Time to 〇〇(動詞)!

〇〇(する)時間だよ!

〇〇に入る言葉の例:

※通常、相手の体に対して何かをするときは、

 「あなたの」を意味する「your」を名詞の前に入れる( wipe your body, brush your teeth, change your diaper)

wake up(起きる)・wipe body(体を拭く)・brush teeth(歯を磨く)・change diaper (オムツを変える)・go to the bathroom (トイレに行く)

eat breakfast(朝食を食べる)・eat lunch(昼食を食べる)・eat dinner(夕食を食べる)・listen to music(音楽を聴く)・watch TV(テレビを観る)

play(遊ぶ)・read(読書をする)・go for a walk(散歩に行く)・take a nap(昼寝をする)・clean up the room(部屋を片付ける)

 

描写

You’re 〇〇(形容詞)!

あなたは〇〇だ!

形容詞の前にsoをつけると「とても」という意味になります^^

〇〇に入る言葉の例:

cute(かわいい)・adorable(かわいい・愛らしい)

通常女の子や女性に使うのですが、赤ちゃんや子ども相手なら男の子でも使えます♫

 

smart(賢い・頭がいい・習得が早い)・clever (頭の回転が早い・利口)・genius(天才)

greatamazingawesome(素晴らしい)perfect(完璧)

funny(面白い)

え?「親バカ発言」しすぎですか・・?笑

今後のブログでもご紹介しますが、

日本では「親バカ!」って思われるような「甘〜い表現」、英語文化では多用されます!

逆に(本心ではないにしろ)自分の子どものことをけなしたり、褒めないのは

タブーなので要注意です!

 

 

定番フレーズ

Thank you!

ありがとう!

ご両親がこの言葉を多用すれば、お子様も自然に「ありがとう」「Thank you」が言えるようになり、

感謝に溢れたお子様になること間違いなし!

 

Sorry! / Excuse me!

ごめんね!

Sorryは、相手に被害が及ぶような時(水をこぼしてしまった、転ばせてしまった、待たせてしまった etc)

Excuse meは、相手に被害は及んでいないけど失礼なことをしてしまった時(げっぷをしてしまった、オナラをしてしまったなど笑)

という風に使い分けます(^^)

 

Love you! 

大好きだよ!愛してるよ!

日本語では少し照れくさいようなこの言葉も、Love youなら少し気軽な印象で、何故かさらっと言えてしまうのが不思議♫

これでもかっ!!ってぐらい、愛を伝えていきましょう。

 

 

今回のまとめ:

日々のちょっとした声がけを、

英語で言ってみる!

恥ずかしがらずに、今日からでも始めてみましょう。

続けていれば、いつの日か、英語で声を掛けるのが当たり前になってきます!

 

ちょっとした声掛けが「コミュニケーション」に発展し、

そしてこのコミュニケーションが、お子様の英語力を発展させます!

 

次回も、使えるフレーズやコツなどをご紹介していきますね(^^)

お楽しみに♫

 

Let’s grow together!