レベル(初級者~中級者)を問わない教え方を私がする理由 【イングリッシュ・ドクターblog】

こんにちは、イングリッシュ・ドクターの西澤 ロイです。

「頑張らない英会話レッスン」や、その他私が行なう講座でよくいただくご質問がこれです。

全くの初心者ですがついていけますか? 足を引っ張らないか心配なのですが・・・

対象とするレベルはどのくらいですか?

実は、私のお答えは「レベルは一切問いません」――。ですから、全くの初心者だという方でも大丈夫です。

西澤ロイの教え方がレベルを問わない理由

もしかしたら、なかなか理解が難しいかもしれません。

例えば、TOEICスコアアップの講座であれば、600点を目指す人、800点を目指す人、900点越えを目指す人・・・などのようにレベル分けをするのが一般的でしょう。初級者の方が上級者向けの講座を受けてしまうと、ボキャブラリーも英文法も難しすぎてついていけない、というのが普通の講座ですからね。

しかし私ロイは基本的に、レベルを問わない教え方をしています。高校生以上の大人であれば、レベルも年齢も性別も経験値も一切問いません。

なぜそのような教え方をする(教え方ができる)のかと言うと、ボキャブラリーの数や文法力などの「レベル」で捉えていないからです。

日本人英語学習者は誰もが、(ネイティブと比較すると)ボキャブラリーも文法力も、リスニング力も、発音も、足りないところが多かれ少なかれあるのです。つまり、「ドングリの背比べ」みたいなもの。ですから、ちょっとしたレベルの違いにフォーカスするつもりが私にはあまりありません。

日本人みんなに欠けている力がある

私がそれよりもずっと、圧倒的に重要だと思っている「スキル群」があります。どれだけ英語を学んでも、英語が話せない/聞けない/読めない…という方は、これらのスキルが欠けてしまっている可能性が高いのです。

これらのスキルは、テストの点数にはなかなか現れません。TOEIC(L&R)のスコアを例に出しましょう。

例えば、TOEICで900点以上を持っていても、「英語が話せない」という人はたくさんいます。また、TOEICのリスニング問題で満点を取れても、ナマの英語(ニュースや海外ドラマなど)になると歯が立たない人がごまんといるのが現実です。

本当の意味で英語が話せ(コミュニケーションができ)たり、聞きとれたりするためにはどんな力が必要か? 私はこのような、もっと本質的なところにフォーカスしているのです。

そこで必要なものは、もはや、どれだけ多くの単語(難しい言葉)を知っているかとか、どれだけ文法に詳しいか……ではありません。もし、ボキャブラリーや文法力などの知識が原因だとしたら、ネイティブの小学生は英語ができないことになってしまいますよね^^

真に必要なのは、もっともっと根本的な力であり、そこを教えてくれる人は、英語の先生の中にもなかなかいません。だから私が、イングリッシュ・ドクターとして伝えなければいけないと思っています。