英語学習は何から始めれば?⇒英会話をオススメする理由 【イングリッシュ・ドクターblog】

こんにちは、イングリッシュ・ドクターの西澤 ロイです。

学習者の方からよくいただくご質問がこれです。

英語学習は一体何から始めれば良いですか?

英会話、英文法のやり直し、リスニング……など、先生によっていろいろな答えがあると思いますが、私ロイがオススメするのは「英会話」です。

ただし、多くの人が、「英語が話せる」ということを、必要以上に難しく考えすぎています。

以前、「英語を話したいなら、単語を増やす前にやるべきこと」という記事(↓)にも書きましたが、

英語を話したいなら、単語を増やす前にやるべきこと

英語の日常会話では主に中学英語が使われます。つまり「高校生以上の日本人は誰でも英語が既に話せる」と私は本気で思っています。

ただし、大部分の人は「私は英語が話せません」という英語病(アイキャント症候群)にかかっていますので、その勘違いをなおす必要があります。

つまり、日本人にまず必要なのは、「自分はもう英語が話せる」と気づくことなのです。

 

だから私は「英文法」でも「リスニング」でもなく、まず「英語のスピーキング」を勧めるのです。日本人は既に、十分な英語の知識を持っています。それを活かすことができれば(活かすための考え方や発想法を身につければ)、英語で言いたいことを伝えるのも、そんなに難しいことではありません。

だから、さっさと「英語が話せる」ことを知った方がよいのです(リスニングなどは時間がかかりますからね)。

そして、英語が話せることには大きなメリットが1つあります。

それは「挫折しなくなる」ということです。

 

挫折するのは、英語を話せない(と思っている)からなんです。だから、英語を話す外国人の友達を作ったりすることができないのです。英語が楽しくならないですし、自分の世界が広げられないのです。だから挫折しやすくなってしまうのです。

私ロイがオススメするのは、英語のスピーキングだけに集中すること――。リスニングも発音も文法も、いちど脇に置きましょう。

リスニング力も、発音も、ボキャブラリーも、文法力も、もちろんあるに越したことはありません。しかし、足りないものを探し出すと、キリがないのです。

余計なことは考えずに、そしてぜひ1日も早く、英語を話せる自分に気づいてください。