英語を話したいなら、単語を増やす前にやるべきこと 【イングリッシュ・ドクターblog】

こんにちは、イングリッシュ・ドクターの西澤 ロイです。

これから不定期で記事を書かせていただくことになりましたので、どうぞよろしくお願いいたします。

「単語を知らないからしゃべれない」は勘違い

「自分は英語が話せない」と考える英語学習者の多くが、こんな風に考えています。

「ボキャブラリーが足りないから英語が話せない」

そして、「英語が話せるようになる単語集」「会話でよく使われるフレーズ集」のような本を買ってきて、覚えようとするのです。

実は、大学時代の私もそうでした。英語がしゃべれるようになりたくて、たくさんのフレーズを必死に暗記しましたが、残念ながら期待するような効果はありませんでした。

なぜなら、「単語を知らない」というのはそもそも大きな勘違いだからです。

日常会話の80%を占めるのは・・・

言語学的な調査の結果として、英語の日常会話において「非常に簡単な単語」が繰り返し使われていることが明らかになっています。

具体的な数字を挙げるならば、日常会話の80%を占めたのは、約1,000語の中学英語だったのです。

いいですか、中学英語ですよ!

日本人のほとんどは、中学校を卒業しており、3年間以上、英語の授業を受けています。また、中学英語レベルの英単語であれば、日本語の中にもカタカナとして登場するものが大多数です(例:メイド・イン・ジャパン<made in Japan>、ランニング<running>)

言語学が明らかにしたのは、中学英語が使えれば、日常会話は何とかなる、ということ――。

中学英語を使う練習をしませんか?

しかし、多くの方が勘違いをしているのです。既に知っている中学英語を使えるようにしようとする人はほとんどいません(中学の「英文法」であれば見直す人はまあまあいますが)。

「英語が話せるようになりたい!」と言って、もっと難しい単語やフレーズなどを新たに覚えようとしているのです。

英語が話せない最大の原因は、単語を知らないのではありません。知っている単語が「出てこない」のです。知っている単語を「使えない」のです。

塩原さんもテレビCMでおっしゃっていますよね。「みなさん、英語を勉強しすぎです(笑)」って。それは言語学的にも真実なんですが、イングリッシュ・ドクターの私に言わせれば「知識肥満症」になってしまっているのです。必要なのは、英語知識のダイエットであり、もっと身軽に動けるようにすべきなのです。

ボキャブラリーを増やすことは、中級以上のレベルを目指すためになら有効です。つまり、ある程度、言いたいことが表現できるようになった人が、さらに上を目指す時にやるべきことです。

「英語が話せるようになりたい」と思う、初心者~初級者レベルの方にはまず、既に知っている中学英語が口から出てくる練習や、使えるようになるための練習をすることをオススメします。