【レポート】スマホ留学のセミナーにオッサンが1人で参加しても楽しめるのだろうか(後編)


スマホ留学で勉強中の多くの人が、きっと私と同じように「スマホ留学セミナーに1人で参加しても本当に楽しめるのか?」という疑問を抱いたことがあるだろう。たとえ1人で参加したとしても、帰る時には仲間ができているらしいのだが……果たしてウワサは本当なのだろうか?

──というわけで、前回の記事に引き続き、今回も私の「博多セミナー体験記」をお届けしたい。まずは簡単に前回の記事を「→」を使って説明すると……

セミナーは11時受付開始で11時15分に会場に到着 → ハンパない違和感を覚える → ほぼ全員が赤い服装 → ドレスコードが「明太子の赤」と指定されていた → 全身、青で来てしまったんですけど…… → 恥ずかしいから一番端っこに着席 → セミナースタート → 塩原先生が明太子姿で登場 → 飛び交う歓声 → もしかして、もう参加者同士仲良くなっているの? → 取り残されたかもしれない → 塩原先生「○○してください」 → なんだか楽しめそうな予感が……ッ! と、ここまでが前編である。準備ができたら後編へGOだッ!

・約2時間のセミナー


まず私が「お!」と思った先生の一言とは「見やすい場所に席を自由に移動してください」である。ただ言っただけなら恥ずかしくて移動できなかったと思うが、しっかり移動するための時間があったので、ほぼ全員が椅子を持ってステージ前にギュギュっと詰めて座ることになった。私も一番端から、真ん中エリアの後ろから二列目に移動。密度が高いと一体感が増すというか、気持ちが楽になる。

セミナー内容を詳しく紹介するのは控えるが、近くに座った人同士でやり取りするコーナーがあり、私も隣に座ったお父さん(英語を勉強している理由は、息子と英語でコミュニケーションを取りたいらしい)と、英語を使ってやり取りすることができた。ちなみに「英語のやり取り」と言っても「台本のようなものを言い合う」って感じなのでハードルは決して高くない

そして塩原先生のノリ・テンポの良さは秀逸で、セミナーは終始笑いが絶えない和やかムード。それにプラスで「英語を話せれば、英語は聞ける」というスマホ留学の神髄にもしっかり触れて約2時間のセミナーは終了した。満足度は高い。動画のままの先生で良かった~。
スマホ留学生セミナー@福岡

・懇親会スタート

 さて、セミナーのあとは懇親会がスタート。今のところ、私が会話をしたのは隣のお父さんのみ。もし今解散してしまったら、帰りはギリギリお父さんと駅まで歩く……かもしれないって感じだ。もちろん悪くはないが、まだ帰りたくはない。楽しいセミナーの後は、参加者の皆さんと感想を言い合いたいのだ。楽しい映画の後にアレコレ感想を言いたいのと同じである。

というわけで、さっそくドリンクを持ってテーブルへ。各テーブル、なんとなく集まった7~8人が会話を楽しんでいる。ドリンクを取っている間に「隣のお父さん」を見失ってしまい再び1人になってしまった私は、流れに任せて会話を楽しんでいるグループに突撃

はじめましての皆さんとも「英語学習」や「スマホ留学」といった共通の話題があるおかげで一気に距離が縮まる。けっこう楽しい~。また塩原先生も各テーブルにやって来るので、スマホ留学の裏話や最近ハマっていることを聞いてみるのも面白い……ちなみに先生が「ヘッドスパの気持ち良さ」について熱弁している様子がこちら。

そんなこんなで本当にウワサ通り多くの人と仲良くなり、セミナー終了後にはLINEグループ「スマホ留学in Fukuoka」に参加させてもらうこととなった。ちなみに今もやり取りは続いているので、再会した時などはブログで報告したいと思う。いくつになっても新しい仲間ができるのは本当に嬉しい。というわけで……

結論:スマホ留学のセミナーにオッサンが1人で参加したら……最高だった

☆こちらもどうぞ → 「スマホ留学セミナー体験記(前編)